【カシオペアS】(京都)~エアウィンザーが3連勝を決める [News]
2018/10/28(日) 16:35
京都11Rのカシオペアステークス(3歳以上オープン・芝1800m)は1番人気エアウィンザー(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒5(良)。2馬身差の2着に4番人気グリュイエール、さらに1馬身3/4差の3着に2番人気トリコロールブルーが入った。

エアウィンザーは栗東・中竹和也厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母エアメサイア(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は13戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 エアウィンザー(浜中俊騎手)
「強かったですね。道中は出た感じで運びました。気を抜く所があると言われていますが、追えばしっかり伸びてくれます。今は軌道に乗っている感じです。馬が充実しているのでしょう」

2着 グリュイエール(藤岡佑介騎手)
「(この馬の)課題の折り合いもついて、いいところを抜けてきたと思います。でも今日は勝ち馬の決め手が上でした。これが良いきっかけになったと思いますし、重賞でもチャンスがあると思います」

3着 トリコロールブルー(藤岡康太騎手)
「道中外からプレッシャーをかけられるきつい形になりましたが、それでもしっかりジリジリと脚を使ってくれています。休み明けですから、これを使って良くなると思います」

4着 ナイトオブナイツ(松山弘平騎手)
「道中は内ラチ沿いのきれいなところを通って、最後は外に出してよく伸びてくれました。でもラストは甘くなりました。3着争いが際どかっただけに残したかったですね。悔しいです」