【紅葉S】(東京)~レッドオルガがゴール前で差し切る [News]
2018/10/28(日) 15:59
東京10Rの紅葉ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・芝1600m)は2番人気レッドオルガ(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒2(良)。クビ差の2着に9番人気ウインフェニックス、さらに半馬身差の3着に8番人気ダノンアイリスが入った。

レッドオルガは栗東・藤原英昭厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母エリモピクシー(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は10戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドオルガ(M・デムーロ騎手)
「手応え良く最後まで良い脚を使えました。良い勝ち方ができました」

2着 ウインフェニックス(柴田大知騎手)
「あまり長く良い脚を使えないタイプなので、それを意識して乗りました。良いタイミングで追い出すことができましたが、今回は相手が強かったですね」

4着 ミュージアムヒル(J・モレイラ騎手)
「良いスタートを切って、とてもスムーズでした。4コーナーで手応え良くもう少し伸びると思ったのですが、それほど伸びませんでした」

5着 サトノグラン(戸崎圭太騎手)
「最近ピリッとしない走りが続いていましたが、今日はロスなく、最後まで良い脚を使うイメージで乗りました。反応も良かったので、これが良いきっかけになればと思います」

7着 バティスティーニ(C・ルメール騎手)
「リラックスして良いレースでしたが、少し伸びて最後は止まってしまいました。良い感じだったのですが...」