【メイクデビュー】(京都4R、5R)~ダノンスプレンダー、メトロポールがデビュー勝ち [News]
2018/10/28(日) 14:23
京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は3番人気ダノンスプレンダー(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒1(良)。1馬身1/4差の2着に11番人気ストロングライン、さらに8馬身差の3着に5番人気ロジシルキーが入った。

ダノンスプレンダーは栗東・安田隆行厩舎の2歳牡馬で、父ロードカナロア、母メジロスプレンダー(母の父シンボリクリスエス)。

~レース後のコメント~
1着 ダノンスプレンダー(藤岡康太騎手)
「良かったです。ゲートは出てくれましたが、フワフワとしていました。抜け出してからもフワフワとしていました。それでも調教での良さは出ましたし、ダートとしては時計が速かったです」

2着 ストロングライン(幸英明騎手)
「素直な馬ですし、砂を被っても大丈夫でした。伸びてはいますが、勝った馬が強かったです。それでも後ろを離していたので、次も楽しみです」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1600m)は4番人気メトロポール(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1秒35秒9(良)。2馬身差の2着に3番人気ロードグラディオ、さらに2馬身半差の3着に1番人気スキッピングロックが入った。

メトロポールは栗東・吉村圭司厩舎の2歳牝馬で、父Daiwa Major、母Perivale(母の父Street Cry)。

~レース後のコメント~
1着 メトロポール(浜中俊騎手)
「返し馬の段階から芝が合うと感じていました。レースでも強かったです。前半は進まない所があったので、コーナーでは外々を回る形になりました。直線もよく伸びてくれましたし、この後はもっと良くなると思います」

2着 ロードグラディオ(藤岡佑介騎手)
「良いスタートを切って、上手に立ち回ってくれました。良い競馬ができたと思います」

3着 スキッピングロック(藤岡康太騎手)
「スタートで少し遅れてしまいましたが、その後はある程度のポジションは取れました。4コーナーで馬群に揉まれましたが、ひるむ所もなかったです。直線で少し寄られて気にするような場面もありました。スムーズな競馬ならもっといいレースができたと思います」

5着 アルディテッツァ(松山弘平騎手)
「初戦ということもあって、少しモタモタする所がありました。次は一度使われたことでピリッとしてくるでしょう。芝の走りも良いですし、能力の高さは感じます」