【コーフィールドC】(豪G1)~チェスナットコート・ソールインパクトの関係者コメント [News]
2018/10/20(土) 18:13
20日(土)オーストラリア・コーフィールド競馬場で行われたコーフィールドカップ(G1)に出走したチェスナットコートは13着、ソールインパクトは14着だった。レース後の関係者のコメントは以下の通り。

13着 チェスナットコート
矢作芳人調教師
「休み明けの影響で道中力んで走っており、仕掛けた時の反応の鈍さも感じました。レース後のダメージもないので、次走はかなり良い状態になると思います」

川田将雅騎手
「スタートも良く、理想的な形で競馬を始めることができました。終始勝馬を見ながら道中進めていたのですが、勝負どころで置いて行かれる形になりました。久々の競馬が影響したと思いますので、メルボルンカップに向けて更に良い状態になってくれればと思います」

14着 ソールインパクト
戸田博文調教師
「最終コーナーまで良い流れでレースを進めることができましたが、最後は瞬発力勝負になり、長く良い脚を使うソールインパクトの脚質には厳しい展開になりました」

坂井瑠星騎手
「スタート後、良い位置でレースを進めることができましたが、終盤ペースが上がったときに他馬についていくことができませんでした。今回騎乗機会を与えてくださった関係者の皆様に感謝しております」

(JRA発表)