【菊花賞】栗東レポート〜ジェネラーレウーノ [News]
2018/10/17(水) 16:11
☆21日(日)京都競馬場で行われる第79回菊花賞(GI)に出走を予定しているジェネラーレウーノについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ジェネラーレウーノについて、矢野英一調教師

・(セントライト記念は)強かったなというのが率直な印象です。いいレースだったと思います。(夏を越して)馬が大きくなってきたというのが感じられます。高さも幅もいろんな面で成長したように思います。心の面ではまだムラっ気があると思いますが、前走に関しては落ち着いてパドック、装鞍所をクリアしてレースも折り合う事が出来ました。今回はどうなるかというところですね。

・(前走後は)タフなレースをした後なので、(使われた)上積みというより前走同様いい状態を維持している感じです。前走後はすぐに放牧に出してリラックスさせて再度入厩させて今に至っています。

・(美浦トレーニングセンターでの一週前の追い切りは)心肺機能の強い馬なので長めから、ある程度負荷をかけるため6ハロンからしっかりやっています。いい内容でした。

・(今日の栗東トレーニングセンターでの最終調整は)単走で半マイル53秒ぐらいという指示でした。美浦と異なりタイムが出やすいので少し早くなりましたが、問題無く(調教が出来て)全く心配ありません。(セントライト記念の)状態を維持しています。

・(3000mに関しては)スタミナのある馬なので折り合いさえつけば必ずこなせると考えています。(コーナー)6回に関しては全く不安が無いわけではありません。ただこの馬は2〜3番手でも折り合う事が出来る反面、ダービーのようにかかることがあります。難しい面もあります。とにかくスタミナ豊かな馬なので極端な流れにならなければ最後までしっかり踏ん張ってくれます。

・この馬らしい思い切ったレースをしてなんとかいい結果を出したいですね。

〔取材:檜川彰人〕