【菊花賞】美浦レポート~グローリーヴェイズ・福永騎手 [News]
2018/10/17(水) 13:50
10月21日(日)に京都競馬場で行われる第79回菊花賞(GI・芝3000m)に出走を予定しているグローリーヴェイズ(牡3歳、美浦・尾関厩舎)について、福永祐一騎手のコメントは以下の通り。

(先ほどの最終追い切りはウッドチップコースで行われ、先行している馬の内に入り込んで先着しましたね)
「軽く仕掛けるという感じでそこまで負荷をかけていませんが、いい動きでした」

(初騎乗となりますが、この馬の魅力はどのあたりにありますか?)
「前走の佐渡Sを1分56秒台というとても良いタイムで勝っていることが大きな魅力ですね。また、菊花賞は坂を2回下ることからも、京都外回りコースでの実績があることは非常に強みです」

(3000メートルという距離についてはどうでしょう?)
「どの馬にとっても経験したことのない距離ですが、この馬にはメジロの血が入っていることもあり不安よりも未知の魅力を感じます。また、自分でバランスを取って走れる操縦性の高い馬なので、長距離もこなしてくれると信じています」

(レースではどのあたりを特に気をつけたいですか?)
「スタートはそれほど速くない馬なので、そこを大事に乗りたいです」

(最後に意気込みをお願いします)
「GIでも上位に入れるだけの能力はありますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)