【菊花賞】美浦レポート~ブラストワンピース・大竹調教師 [News]
2018/10/17(水) 13:32
10月21日(日)に京都競馬場で行われる第79回菊花賞(GI・芝3000m)に出走を予定しているブラストワンピース(牡3歳、美浦・大竹厩舎)について、大竹正博調教師のコメントは以下の通り。

(最終追い切りをご覧になっていかがでしたか?)
「先週はコーナーで反応するまでにタイムラグがあったかなと感じましたが、今日はしっかり反応してくれて良かったですね。レースではここ数戦ゲートの中でそわそわしていたので、池添騎手に乗ってもらってゲート練習を行いました。池添騎手も良い手応えをつかんでくれたようです」

(前走のレースぶりを大竹調教師から振り返るといかがでしたか?)
「1枠ということでどういうポジションになるのかなと思っていましたが、ゲートで少し立ち遅れて後方からで、直線は大外から追い込む競馬になりました。改めて力があるということを認識させられる競馬でした」

(今回の菊花賞はどんな気持ちで臨みますか?)
「まだ完成されていない馬なので、とにかく私の仕事としては当日良い状態で出せるように頑張ります。結果に関しては相手もあることですが、きっちり自分の仕事をすれば結果もついてくると思っています」

(3000メートルの距離に関してはどうでしょう?)
「幸いこの馬は折り合いに関して以前から苦にしないタイプですので、距離については全く不安に感じていません」

(輸送とスクーリングの予定について教えてください)
「輸送は前日行い、スクーリングは行わない予定です」

(大竹調教師ご自身としては、初めてのGI制覇がかかりますね)
「毎回GIのインタビューを受けるたびにそうなっていますね。今回の菊花賞も頑張ります」

(ファンの方に向けて意気込みをお願いします)
「この馬はまだゆるさを抱えながら調整しています。まだまだ強くなりますので、今後も末永く応援よろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)