【藤森S】(京都)~人気のコパノキッキングが後方から差し切る [News]
2018/10/14(日) 18:19
京都12Rの藤森ステークス(3歳以上1600万下・ダート1200m)は1番人気コパノキッキング(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒4(良)。ハナ差の2着に5番人気ヤマニンアンプリメ、さらにハナ差の3着に6番人気スマートレイチェルが入った。

コパノキッキングは栗東・村山明厩舎の3歳セン馬で、父Spring At Last、母Celadon(母の父Gold Halo)。通算成績は6戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 コパノキッキング(戸崎圭太騎手)
「スタートで前をカットされて危なかったですが、リズムを崩さずに行けました。最後の脚は素晴らしかったです。競馬を覚えてくれば、さらに幅が広がりそうです」

3着 スマートレイチェル(武豊騎手)
「スタートよく、この馬のレースはできました。ただ3コーナーから外からプレッシャーをかけられたのが痛かったです」