【粟島特別】(新潟)~メイショウグロッケが追い比べを制す [News]
2018/10/14(日) 16:01
新潟10Rの粟島特別(3歳以上500万下・牝馬・芝1800m)は2番人気メイショウグロッケ(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。クビ差の2着に5番人気アオイプリンセス、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気プリンセスルーラーが入った。

メイショウグロッケは栗東・荒川義之厩舎の4歳牝馬で、父メイショウサムソン、母メイショウグラナダ(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は18戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウグロッケ(藤岡康太騎手)
「スタートが凄く良かったのですが、折り合い重視のレースをしました。速い脚のない馬だと聞いていましたから早めに動いて行きました。よく辛抱してくれました」

2着 アオイプリンセス(菱田裕二騎手)
「大体思った通りの展開でした。最後は良く伸びたのですが勝った馬もしぶとい脚を使いました」

3着 プリンセスルーラー(古川吉洋騎手)
「勝てると思ったぐらい良い感じでレースはできたのですが、直線では伸びそうで伸びない感じでした。休み明けの分、反応が今ひとつだったかもしれません。次につながるレースはできたと思います」

4着 シャイントレイル(川又賢治騎手)
「力むタイプの馬なのでゆったりと走らせました。リラックスしてレースができましたが、最後に差は詰めたものの、まだフォームがしっかりしていない分、スピードに乗りきれない感じでした。そのあたりの成長に期待したいです」