【紫菊賞】(京都)~アドマイヤジャスタが人気に応えて差し切り勝ち [News]
2018/10/14(日) 15:07
京都9Rの紫菊賞(2歳500万下・芝2000m)は1番人気アドマイヤジャスタ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒8(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気ロジャーバローズ、さらに1馬身半差の3着に6番人気ジョウショームードが入った。

アドマイヤジャスタは栗東・須貝尚介厩舎の2歳牡馬で、父ジャスタウェイ、母アドマイヤテレサ(母の父エリシオ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤジャスタ(C.ルメール騎手)
「能力がありますが、まだ子供です。レース前はエキサイトしていて、ゲートもうまく出ませんでした。しかし、レースの時は乗りやすく、良い脚を使っていました。長い距離もいけるでしょう。大人になればもっと良くなって、強くなれると思います」

2着 ロジャーバローズ(戸崎圭太騎手)
「一回使ってテンションが高くなっていましたが、レースは上手でした。センスの良さを生かしましたが、勝ち馬よりも前にいたかったです。最後は交わされてしまいました。成長する余地はあると思います」

3着 ジョウショームード(秋山真一郎騎手)
「乗りやすいところが長所です。カーッとなるところなどは今のところないですし、このまま穏やかに行ってくれれば良いですね。距離はいくらでも持つと思います」