【グリーンチャンネルC】(東京)~大外一気のサンライズノヴァが連覇 [News]
2018/10/08(月) 17:45
東京11Rのグリーンチャンネルカップ(3歳以上オープン・ダート1400m)は1番人気サンライズノヴァ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒4(良)。3/4馬身差の2着に4番人気ナムラミラクル、さらに3/4馬身差の3着に6番人気アードラーが入った。

サンライズノヴァは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母ブライトサファイヤ(母の父サンダーガルチ)。通算成績は17戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 サンライズノヴァ(戸崎騎手)
「いつもよりゲートがうるさくて出遅れてしまいましたが、覚悟はしていました。後ろからでも大丈夫ですし、この馬の力は発揮できました。こういう競馬ができれば本当に強いです」

1着 サンライズノヴァ(音無調教師)
「ゲートの練習はしているのですが、2回に1回くらいは出遅れてしまいます。今日は落馬した馬もいて難しいレースでしたが、ジョッキーが落ち着いて乗ってくれました。距離は1400mか1600mなので、次は武蔵野Sでしょうか」

2着 ナムラミラクル(藤懸騎手)
「勝ちパターンだったんですけれど...。今日は勝ち馬の決め手に屈しましたが、毎回そつなくがんばってくれています。東京の1400m・良馬場なら良い時計ですし、馬はスタートから終いまでがんばってくれました」

3着 アードラー(松若騎手)
「スタートをちゃんと出てくれましたし、内から馬群を割ってきてくれました。東京コースもOKですし、オープンでもやれるとわかりました。これからもっと成長してくれると思います」

4着 ブルミラコロ(秋山騎手)
「1400mのレースだといつもは止まってしまうのですが、今日はよくがんばってくれました」

7着 ハヤブサマカオー(藤岡佑介騎手)
「スムーズにハナを切って、いいペースで運べました。2番手の馬に早めに来られて被されたぶん、苦しくなってしまいました」