【円山特別】(京都)~早め抜け出しのタテヤマが後続の追撃を凌ぐ [News]
2018/10/08(月) 15:43
京都9Rの円山特別(3歳以上1000万下・ダート1200m)は2番人気タテヤマ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒3(良)。半馬身差の2着に3番人気ヒップホップスワン、さらに半馬身差の3着に1番人気ハニージェイドが入った。

タテヤマは栗東・渡辺薫彦厩舎の4歳牡馬で、父パイロ、母サンフィールド(母の父フジキセキ)。通算成績は18戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 タテヤマ(松山騎手)
「スタートは良かったですが、内枠だったので揉まれないように競馬をしようと思っていました。しかし、周りに馬がいなかったので、無理せず番手で競馬ができました。正攻法で力を出せて強い競馬でした。安定して脚を使ってくれます。これからも楽しみです」

2着 ヒップホップスワン(福永騎手)
「良いリズム、良い形で直線に向くことができました。伸びてはいますが、勝った馬がしぶとかったです。外枠でスムーズに行けましたし、スムーズに行ったら力を発揮できます」

3着 ハニージェイド(川田騎手)
「しっかりと安定した脚を使ってくれました。こういう競馬を続けていければ良いですね」