【メイクデビュー】(京都5R)~クリノガウディーがデビューV [News]
2018/10/08(月) 14:00
京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は6番人気クリノガウディー(森裕太朗騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒0(良)。1馬身差の2着に3番人気ミッキーバディーラ、さらにクビ差の3着に2番人気シャルムダムールが入った。

クリノガウディーは栗東・藤沢則雄厩舎の2歳牡馬で、父スクリーンヒーロー、母クリノビリオネア(母の父ディアブロ)。

~レース後のコメント~
1着 クリノガウディー(森裕太朗騎手)
「いい位置につけて最後ははじけてくれました。きょうだいは短距離馬でしたが、この馬はゆったり走れる長い距離が合っていると思います。トモが緩いところがあるので、使ってもっと良くなると思います」

1着 クリノガウディー(藤沢則雄調教師)
「兄が1200m、1400mで走った馬だったので、距離がどうかと思いましたが、いいレースができました。きょうだいに比べて素直な馬ですね」

2着 ミッキーバディーラ(松山騎手)
「前半はちょっとついていけなかったのですが、スローの流れで外を回りながら差を詰めてくれました。まだまだこれから良くなる馬です」

9着 タンタラス(川田騎手)
「終始、促してもついていけなかったです。直線も動いてくれませんでしたし、競馬に慣れてくれればいいのですが...」