【凱旋門賞】(パリロンシャン)~エネイブルが連覇達成、クリンチャーは17着 [News]
2018/10/08(月) 00:21
7日(日)にフランス・パリロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(G1・芝2400m)は、イギリスのエネイブル(牝4、J.ゴスデン厩舎)が勝利し、このレースの連覇を達成した。勝ちタイムは2分29秒24。勝利騎手はL.デットーリ。日本から参戦したクリンチャー(牡4、栗東・宮本博厩舎)は17着に敗れた。

~レース後のコメント~
17着 クリンチャー(宮本博調教師)
「クリンチャーの状態は最高に良かったのですが、世界の壁は厚いなと感じました。フォワ賞後は運動量を増やして悔いのないように仕上げました。このような大きなレースに連れてきてくれたクリンチャーに感謝したいです。結果は残念でしたが凱旋門賞を走ることができました。これからもクリンチャーを応援してやってください」

(武豊騎手)
「レース自体はプランどおりで流れは悪くなく良い形でした。良いポジションだったので、あとは慌てないように、ペースと前の動きを見ながらのレースでした。自身7回目の挑戦でしたが、いつかは勝ちたいレースですね」

(JRA発表)