【オパールS】(京都)~伏兵アンヴァルが軽量生かして抜け出す [News]
2018/10/07(日) 16:35
京都11Rのオパールステークス(3歳以上オープン、ハンデ、芝1200m)は8番人気アンヴァル(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒2(良)。1馬身3/4差2着に5番人気グレイトチャーター、さらにクビ差で3着に1番人気モズスーパーフレアが入った。

アンヴァルは栗東・藤岡健一厩舎の3歳牝馬で、父ロードカナロア、母アルーリングボイス(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アンヴァル(酒井騎手)
「パドックから先出しをして馬がリラックスしていました。メンタルのコントロールが十分に出来ていました。自分から動いて行く感じではなかったので、今日はスタートから促して行きました。速い馬が揃った中、いいポジションが取れて、追ってからいい反応で動いてくれました。50キロというのもあったでしょうが、やっぱり能力があります。だてに3連勝はしていませんよ」

2着 グレイトチャーター(幸騎手)
「終いはしっかり伸びてくれました。4コーナーでは一瞬勝ったかと思うくらいでしたが、勝った馬が強かったですね。惜しいレースでしたが、今は安定して走ってくれています」

4着 カラクレナイ(松若騎手)
「前が止まらない中でよく差を詰めてくれました。もう少し展開が噛み合えばもっとやれると思いますし、改めて力のあるところを感じさせてくれました」

11着 トゥラヴェスーラ(藤岡康太騎手)
「ゲートは出ましたが、思ったより出脚がつかなかったです。しっかり伸びてきていますし、上手な競馬はしてくれています」