【りんどう賞】(京都)~プールヴィルが好位から抜けて快勝 [News]
2018/10/07(日) 15:44
京都9Rのりんどう賞(2歳500万下、牝馬限定、芝1400m)は4番人気プールヴィル(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒7(良)。1馬身1/4差2着に1番人気ローゼンクリーガー、さらに1馬身1/4差で3着に3番人気ルチアーナミノルが入った。

プールヴィルは栗東・庄野靖志厩舎の2歳牝馬で、父Le Havre、母ケンホープ(母の父Kendargent)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 プールヴィル(浜中騎手)
「スタートを上手に出てくれて、先団で競馬をすることが出来ました。折り合いもつき、乗りやすい馬です。直線で抜けてフワフワするところがありましたが、それだけ余力があるということでしょう。今後はもっと強くなるということも言えるでしょう」

(庄野靖志調教師)
「レースが上手でセンスがいい。スタートも3回目でうまく出てくれました。一瞬で切れるという感じではないですが、余裕のある走りをしています。目標としてはファンタジーSになりますが、馬の様子を見ながら考えていきます」

2着 ローゼンクリーガー(藤岡康騎手)
「ゲートでモタれるようなところがあって、思っていたより一列後ろの位置取りになってしまいました。それでも後方で我慢していい脚を使ってくれました。外に持ち出すロスがあったので、スムースならもっとやれたと思います」

3着 ルチアーナミノル(四位騎手)
「調教師の先生にスタートが速いと聞いていたのですが、その通り速くてハナを切ることが出来ました。マイペースで道中は進められたのですが、初めての京都コースで少し物見をしてしまいました。いいセンスを持った馬だと思います」