【メイクデビュー】(東京5R)~ダノンラスターが勝利 [News]
2018/10/07(日) 14:29
東京5Rのメイクデビュー東京(芝2000m)は2番人気ダノンラスター(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒4(良)。1馬身1/4差2着に4番人気シャドウディーヴァ、さらに1馬身1/2差で3着に5番人気キュロンが入った。

ダノンラスターは美浦・堀宣行厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母プリンセスオブシルマー(母の父Majestic Warrior)。

~レース後のコメント~
1着 ダノンラスター(モレイラ騎手)
「調教も乗って楽しみにしていました。よく躾がされていてマナーの良い馬です。レースでもロスのない、スムースな走りでした。距離も問題ありませんでした。これからどんどん強くなるでしょう」

2着 シャドウディーヴァ(田辺騎手)
「ゲートを出て、流れに乗るまで時間が掛かりました。性格の良い馬で、道中はいつでも行ける感じで、スローの流れの中、いい上がりを使ってくれました。今後、上積みがあると思います」

3着 キュロン(北村宏騎手)
「センスのいい馬で、少し気を使う面はありましたが、全体的にはいい走りでした。最後に手前を替えてから左にモタれて2着馬に差されはしましたが、よく頑張ってくれました。小柄ですが活気のある馬です」

4着 キタノインパクト(ルメール騎手)
「4コーナーまで進んで行きませんでした。ラスト200mだけいい脚を使いました。ポテンシャルは高い馬ですよ」

6着 ピンシェル(横山典騎手)
「思っていた以上にスタートを出たし、レースに参加しています。性格の良い馬で、さすがメジロの血統です。奥手のタイプなので長い目で見てほしいです」