【サウジアラビアRC】(東京)~人気を集めたグランアレグリアが直線で後続を突き離して勝利 [News]
2018/10/06(土) 17:15
東京11Rのサウジアラビアロイヤルカップ(2歳GIII・芝1600m)は1番人気グランアレグリア(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒0(良)。3馬身半差の2着に7番人気ドゴール、さらに1馬身差の3着に4番人気アマーティが入った。

グランアレグリアは美浦・藤沢和雄厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母タピッツフライ(母の父Tapit)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 グランアレグリア(C・ルメール騎手)
「ゲートが開く瞬間にジャンプしてしまいました。それでもすぐにペースが遅くなってポジションを上げると2番手でリラックスして走らせることができました。うまく息が入りました。もともと能力が高い馬で、初戦から全体的にパワーアップしていました」

1着 グランアレグリア(藤沢和雄調教師)
「早い時期にデビュー戦を使いましたが、その後は飼い葉も良く食べて大きくなりました。今回は春先ほどの調教量は積んでいませんでしたが息はできていました。スタートでジャンプしたのはたまたまでしょう。今後のローテーションは厩舎に帰ってから考えます」

2着 ドゴール(津村明秀騎手)
「距離が持つかどうか不安だったので、落ち着いて走らせました。(距離は)マイルぐらいまでならもちそうです。いいレースが出来ましたが、今日は勝った馬が強すぎました」

3着 アマーティ(三浦皇成騎手)
「慎重な性格の馬で、ソワソワしながら走っていましたが、馬群に入ってからはこの馬のリズムで走れました。最後の直線では、坂で少し走りづらそうでしたが、力のあるところは見せられました」

4着 ドラウプニル(J・モレイラ騎手)
「スタートが良く、いいポジションが取れました。前走は馬群の中で競馬をしておらず、今日は馬群の中で競馬をしましたが、少しスムーズさを欠くところがありました。ラストはいい脚でしたが、勝った馬は別格でした」

5着 シャドウエンペラー(和田竜二騎手)
「返し馬で緩さがあったこともあり、テンからスピードに乗れませんでした。ただ、ポテンシャルは高い馬なので、馬が整ってきたらかなり走れると思います」