【平城京S】(京都)~アイアンテーラーがマイペースで逃げ切る [News]
2018/10/06(土) 16:30
京都11Rの平城京ステークス(3歳以上1600万下・ダート1800m)は4番人気アイアンテーラー(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒4(稍重)。クビ差の2着に3番人気ファッショニスタ、さらに1馬身1/4差の3着に10番人気ロードアルペジオが入った。

アイアンテーラーは栗東・飯田雄三厩舎の4歳牝馬で、父ゴールドアリュール、母オータムブリーズ(母の父ティンバーカントリー)。通算成績は14戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 アイアンテーラー(浜中俊騎手)
「気分良く走らせて、多少ペースは速くても最後まで粘るのがこの馬の持ち味です。2ヶ月ぶりを一度使って、良くなっているのも感じていました」

2着 ファッショニスタ(安田隆行調教師)
「1800mの距離は初めてでしたが、この距離でも大丈夫ですね。これで今後の選択肢が広がりました」

3着 ロードアルペジオ(幸英明騎手)
「終いはしっかり伸びてくれました。手前を変えず、直線ですぐに手前を替えていたらもっと際どい勝負になっていたと思います」