【本栖湖特別】(東京)~休み明けのヘリファルテが差し切る [News]
2018/10/06(土) 16:11
東京9Rの本栖湖特別(3歳以上1000万下・ハンデ・芝2400m)は2番人気ヘリファルテ(J・モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分27秒7(良)。クビ差の2着に1番人気ブラックプラチナム、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気サンデームーティエが入った。

ヘリファルテは美浦・堀宣行厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母シユーマ(母の父Medicean)。通算成績は5戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ヘリファルテ(J・モレイラ騎手)
「過去のレースをビデオで見て楽しみにしていました。休み明けでもテンションはほど良く、馬体重は増えていましたが、重めには感じませんでした。いいレースをしてくれました。4歳でレース数もあまり走っていませんので、まだ成長がありそうです」

2着 ブラックプラチナム(C・ルメール騎手)
「ペースが速くなく、ワンペースのこの馬にはつらい流れでした。それでもラストの200mはよく頑張りました。以前よりエンジンのかかりが良くなって、ギアも変わるようになってきました」

3着 サンデームーティエ(柴田大知騎手)
「自分のリズムで走るとしぶとい馬です。最後も止まってはいないのですが、それを交わした2頭は強かったということでしょう。こういうレースを続けていけば、チャンスはあると思います」

4着 マスラオ(北村宏司騎手)
「もう少し追い出しを待っても良かったかもしれません。最後に他の馬に寄られて追いづらくなりました。今日は昇級戦で、レースを勝ちに行ってのこの結果ですから、いい内容だったと思います」