【道頓堀S】(阪神)~サフランハートが競り勝つ [News]
2018/10/02(火) 15:50
阪神10Rの道頓堀ステークス(3歳以上1600万下・芝1200m)は2番人気サフランハート(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒2(良)。3/4馬身差の2着に1番人気ブライティアレディ、さらにハナ差の3着に4番人気カイザーメランジェが入った。

サフランハートは栗東・北出成人厩舎の5歳牡馬で、父アドマイヤオーラ、母サフランカーネギー(母の父カーネギー)。通算成績は24戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 サフランハート(幸英明騎手)
「強かったですね。外に出したらもっと楽に勝てたかもしれません。中に突っ込んでも、ひるまずに良く伸びてくれました」

2着 ブライティアレディ(浜中俊騎手)
「直線で前が開くまで窮屈な競馬になりました。この馬の能力は高いですね」

3着 カイザーメランジェ(松田大作騎手)
「メンバー的に行った方が良いだろうと思いました。ただ、坂を上ったところで脚が上がりました。でもよく頑張ってくれました」

4着 ブラッククローバー(鮫島克駿騎手)
「今日は思ったよりスタートダッシュがつかなくて、3コーナーの入口で(内から)5頭目を回らされそうだったので、そうなるくらいならと下げました。いつもと違う競馬をしながら、あまり着差もなく走れたことは、大きな収穫です。レースが上手になっています」