【メイクデビュー】(東京4~5R) [News]
2013/10/06(日) 15:50
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は、1番人気トーセンマイティ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒1。クビ差の2着に4番人気スマートストリームが、3/4馬身差の3着に3番人気ブリッツがそれぞれ入線。

トーセンマイティは美浦・加藤征弘厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母カチバ(母の父Sir Cat)。

レース後のコメント
1着 トーセンマイティ 加藤征弘調教師
「調教でも抜け出すとソラを使うところがありましたので、今日は最後まで併走の形になってくれてよかったです。大きい体の割にスタートは速いし、枠もよかったと思います。レース後も息が上がっていませんから、心肺期待もいいのでしょう。今日はダートを使いましたが、芝でもやれると思います。ゲート試験からずっと厩舎にいるので、一回楽をさせて、様子を見ながら次を考えます」

2着 スマートストリーム 福永祐一騎手
「体に余裕があった分、最後に伸び切れませんでした。いい馬ですし、使ってよくなると思います」


東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は、1番人気トレクァルティスタ(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒3。クビ差の2着に3番人気ラインハーディーが、3馬身差の3着に6番人気エスティレジェンドがそれぞれ入線。

トレクァルティスタは美浦・藤沢和雄厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ハッピーパス(母の父サンデーサイレンス)。

レース後のコメント
1着 トレクァルティスタ 藤沢和雄調教師
「道中の走り方など、上手でしたね。ただ稽古が少し足りない分、直線モタれたりしていました。やはり気性面を考えて、あまり強いところをやっていないんですが、それでこれだけ走るのは立派です。この後は牧場に戻して、それからもう少し鍛えます」

2着 ラインハーディー 福永祐一騎手
「失敗ですね。勝ち馬の側に行かなければよかったです。それにしても走る馬ですね。ダートももちろん走りますよ」

4着 エルトント 三浦皇成騎手
「大型馬でスタートはボコッと遅れてしまいました。行けば行けたのですが、教えるなら今日だと思って、そのままの位置で進みました。勝ち馬には一瞬にして離されてしまいましたが、まだ体に芯が入っていませんからね。いい馬ですよ」

7着 ロジモン 戸崎圭太騎手
「感じよく行っているんですが、まだ体が緩くて流れが速くなったところでついて行けませんでした。馬場が緩かったのもマイナスでした」