【2歳未勝利】( 中山1R、2R)~キタノオドリコ、ラージヒルが勝利 [News]
2018/09/30(日) 13:31
中山1Rの2歳未勝利(ダート1200m)は1番人気キタノオドリコ(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒1(不良)。7馬身差の2着に8番人気シュンラン、さらに半馬身差の3着には5番人気シゲルホタルイシが入った。

キタノオドリコは美浦・相沢郁厩舎の2歳牝馬で、父エスポワールシチー、母ブライドウッド(母の父Danzig)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 キタノオドリコ(石川裕紀人騎手)
「前走で短距離ダートへの適性がわかりましたし、道中も無理していません。それでこの時計ですから、本当に強い競馬でした」

2着 シュンラン(菱田裕二騎手)
「行ってだらっとする競馬が続いていたのですが、意識的に溜める競馬をしてみました。終いは良い脚を使ってくれました」

5着 ヤサカリベルテ(武藤雅騎手)
「テンにちょっと行けなかったのですが、終いは良い脚を使っています。もう少し距離は延びても良さそうです。ダートも問題ありませんでした」




中山2Rの2歳未勝利(芝2000m)は4番人気ラージヒル(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒0(重)。3/4馬身差の2着に1番人気レオンドーロ、さらに2馬身半差の3着には5番人気サトノエルドールが入った。

ラージヒルは美浦・林徹厩舎の2歳牡馬で、父キングズベスト、母キャットガール(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ラージヒル(C.ルメール騎手)
「2番手で良い感じに進められました。2000mという距離も合っていましたし、ゴールまで長く良い脚を使ってくれました」

2着 レオンドーロ(柴田大知騎手)
「のめってはいませんでしたが、良馬場のほうが合っていそうです。勝った馬はこういう馬場でもグングンと進んでいたので、適性の差があったのかもしれません。また、落鉄もしていたので、それも影響したのかもしれません」

3着 サトノエルドール(北村宏司騎手)
「スタートしてからの二の脚が、初戦よりも良くなっていて成長を感じました。広いコースに変わればさらに良くなりそうです」

4着 ホウオウビクトリー(吉田隼人騎手)
「頭を上げながら走っていたりと、まだ課題はありますが、最後に良い脚を使ってくれました」

5着 ポルーニン(J.モレイラ騎手)
「スタートを出て、ポジションも取れて、気持ちよく走ることができました。ただ勝負どころでペースアップしたときに付いていけなくなりました。経験を積んで、精神的に成長してくればと思います」

6着 クラサーヴィツァ(三浦皇成騎手)
「まだ体に余裕がある感じで、使ってから良くなりそうです。今日の馬場もこの馬には厳しかったです」