【オールカマー】(中山)~レイデオロが内から捉えて快勝 [News]
2018/09/23(日) 17:11
中山11Rの第64回オールカマー(GII、3歳以上、芝2200m)は1番人気レイデオロ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒2(良)。クビ差2着に3番人気アルアイン、さらに3馬身差で3着に2番人気ダンビュライトが入った。

レイデオロは美浦・藤沢和雄厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ラドラーダ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は10戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 レイデオロ(ルメール騎手)
「調教で跨り、馬はまだ100%でないと感じましたが、すごくいい馬なので自信がありました。前に行きたかったのですが、いつもスタートが遅い馬で、後ろになりました。道中はリラックスして息も入り、4コーナーから加速しました。ラスト100mは彼の能力が出せました。今日は少し反応が遅かったのですが、次はもう少し早く反応出来るかもしれません。今回はトライアル、まだトップコンディションではないので、次が楽しみです。GIでも大きなチャンスがあるかもしれません」

2着 アルアイン(北村友騎手)
「ゲートがスムースで、道中も気分良く走っていました。追ってからもスッと反応してくれましたが、最後の坂の苦しくなるところで脚色が鈍りました。休み明けの分と思いますが、久々のレースでよく頑張ってくれました」

3着 ダンビュライト(武豊騎手)
「ゲートの中でうるさくて、取りたい位置が取れませんでした。4コーナーでも少し窮屈になりましたが、ラストは脚を使ってくれました」

4着 エアアンセム(田辺騎手)
「直線に向くまではいい感じでしたが、相手が強かったです。よく頑張っているのですが...」

5着 ショウナンバッハ(三浦騎手)
「無理せずに自分のリズムで走れました。よく頑張っています。前走は軽量での好走との声もありましたが、力のあるところを見せられたと思います」