【ラジオ日本賞】(中山)~3歳馬ヒラボクラターシュが2番手から抜け出し勝利 [News]
2018/09/16(日) 16:33
中山11Rのラジオ日本賞(3歳以上オープン・ダート1800m)は2番人気ヒラボクラターシュ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒4(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気アングライフェン、さらにクビ差の3着に3番人気ヨシオが入った。

ヒラボクラターシュは栗東・大久保龍志厩舎の3歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ヒラボクウィン(母の父ワイルドラッシュ)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ヒラボクラターシュ(内田博幸騎手)
「前走にしても勝ち馬にうまく乗られての2着で、負けはしましたが強かったですから。今日も力のあるところを見せてくれました」

2着 アングライフェン(三浦皇成騎手)
「じっくり行ってほしいという指示でした。ペースも流れてこの馬には良かったですし、いい脚を使いました」

3着 ヨシオ(勝浦正樹騎手)
「道中の感じが良くて、これならと思っていましたが、意外にも終いが甘くなってしまいました」

4着 クインズサターン(戸崎圭太騎手)
「全体的に反応が鈍かったです。ペースが流れたことでダラダラと走ってしまいました。脚を溜められるところがあれば良かったのですが......」