【ローズS】美浦レポート~トーセンブレス [News]
2018/09/13(木) 14:16
9月16日(日)に阪神競馬場で行われるローズステークス(GII)に出走予定のトーセンブレス(牝3歳、美浦・加藤征弘厩舎)について、加藤征弘調教師のコメントは以下の通り。

(桜花賞以来の実践となりますが、中間の様子は?)
「夏場は函館競馬場に入厩し、ギリギリまで滞在していました。3週間ほど前に美浦に戻ってからは本格的に強い調教を始めました」

(水曜日に行われた最終追い切りについて詳しく教えてください)
「先週かなり強めにやっているので、今週は輸送も考慮してやや控え目に、馬なりで出し過ぎないよう伝えました。先週の時点でかなり出来上がっていたので、今週の動きも問題なく、順調に来ています」

(現在の馬の様子は?)
「追い切った後も静かに穏やかに過ごしています」

(春と比べて成長具合はいかがでしょう?)
「今までは気性がカリカリしていましたがそういった部分はなくなり、静かになりました。馬体面はそれほど大きな変化はありません」

(久々の一戦ですがいかがでしょうか?)
「休み明けでも最初から走れるタイプですので、初戦から非常に良い仕上がりです」

(阪神芝1800メートルについて)
「2歳の阪神ジュベナイルフィリーズ、そして3歳春の桜花賞と、1600メートルでどちらもしっかり走れていますので、今回の1800メートルに関しても全く心配はしていません」

(最後に意気込みを)
「これから秋の大きなところへ向け、この馬なりの良い走りをみせてくれたらなと思っています」

(取材:小屋敷彰吾)