【セントライト記念】美浦レポート~オウケンムーン [News]
2018/09/13(木) 14:14
9月17日(月)に中山競馬場で行われるセントライト記念(GII)に出走予定のオウケンムーン(牡3歳、美浦・国枝厩舎)について、佐藤勝美調教助手のコメントは以下の通り。

(春のGI2戦を振り返って下さい)
「皐月賞はレースがいつもと違う形になり馬場も良くなくて、参考外でした。ダービーは頑張っていましたが、それまでの疲れがあったのかもしれません」

(4ヶ月間の様子は?)
「ノーザンファーム天栄に放牧に出しリフレッシュできたと思います。馬体は線が細い馬であまり変わっていませんが、身が入ったというか張りが出たというような気がします。気持ちがフレッシュになると良いパフォーマンスが出る馬なので、良い休みになったのではないでしょうか」

(成長具合はいかがでしょう?)
「あまり見た目には感じませんが、春先よりは大人になったと言いますか、やっていることが従順になってきて、動きについても北村騎手が褒めるくらいスムーズになってきたので、成長していると思います」

(最終追い切りでは、その北村騎手が乗って行われましたね)
「1週前にしっかりやっていたということに加え、ウッドチップコースのコンディションも良くなかったので、オーバーワークになると体がないこの馬に良くないと考え、少しセーブして行いました。まだまだ走らせてくれという感じで手ごたえ十分の走りでした。フレッシュなら走る馬ですし、総合的な仕上がり状態も良いと思います」

(中山芝2200メートルという舞台は?)
「最近は右回り、左回りのどちらも走ってくれるようになったので、特に気にしていません」

(春戦ってきた相手に、新たにレイエンダなど新たなメンバーが加わりますね)
「同じレースに出走するコズミックフォースと普段から稽古していますし、この馬自身も重賞を勝っているので、相手関係に気後れはしていません」

(お父さんがオウケンブルースリですが、先々の目標は?)
「ここを使って、菊花賞を使えたらという風には考えています」

(ファンへ向けて)
「オウケンブルースリファンも多いでしょうし、数がそれほど多くないオウケンブルースリ産駒の中でも非常に頑張っています。なんとか次に繋がる競馬をしたいと思っていますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)