【ローズS】栗東レポート~サトノワルキューレ [News]
2018/09/12(水) 15:48
☆16日(日)阪神競馬場で行われる第36回ローズステークス(GII)(秋華賞TR)に出走を予定しているサトノワルキューレ(牝3、中竹)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎サトノワルキューレについて、辻野泰之調教助手

・(前走のオークスは)まだ一戦級の馬と戦ったことが無かったので、そのあたりの影響も出たのかなと思います。夏はしっかり休養に宛てて成長を促したので少しでも差が詰まってくれていればいいかなと思っています。前々走もトライアルで東京遠征でしたがしっかり馬体のケアをしていい状態で送り出せたかなと思っていましたが、あの当時はGIの壁があったのかなと思っています。

・その後は北海道でリフレッシュを挟みまして早い段階でローズステークスから始動というプランで調整は進めてきました。体調面に不安はありません。夏を越えて見た目が大人っぽくなった印象があります。精神面はもともと温厚な馬でいい形で変わらず来ているように思います。

・先週までの段階でしっかり負荷をかけていたので今週はサッと調整程度でここまで順調に来ていると思います。充分態勢は整っているかなと思います。

・(阪神芝1800mについて)外回りでこの馬の脚質を考えればいい舞台だと思います。ただ1800mは気持ち短いかなという印象は受けます。ただレースセンスのある馬なのでそのあたりうまく流れに乗ってこなしてくれるかなと思っています。

・(週末は雨予報もありますが)デビュー戦も少し湿った馬場で走ってくれていました。普段の調教で湿った馬場を走ってもバランスを崩す方では無いのである程度はこなしてくれるのではないかと思っています

・(この馬の持ち味は)鞍上の指示に対し従順で最後の末脚はフローラステークスでもいいところを見せてくれましたので、その点が武器でしょう。もう1つ大きな舞台での活躍を期待しています、応援して下さい。

《取材:檜川彰人》