【紫苑S】(中山)~ノームコアが重賞初制覇 [News]
2018/09/08(土) 17:22
中山11Rの紫苑ステークス(3歳GIII・牝馬・芝2000m)は2番人気ノームコア(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒0(良)。3馬身差の2着に1番人気マウレア、さらに半馬身差の3着に7番人気ランドネが入った。

ノームコアは美浦・萩原清厩舎の3歳牝馬で、父ハービンジャー、母クロノロジスト(母の父クロフネ)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ノームコア(C・ルメール騎手)
「道中は4~5番手でリラックスして走っていました。抜け出す時も、とても良い手応えで、ゴールまでよく頑張ってくれました。アーモンドアイは強いけれど、この馬にもチャンスはあると思います」

5着 ハーレムライン(大野拓弥騎手)
「少し余裕の残しの体でしたが、見せ場はありましたし、1回使えば良くなると思います。あと1ハロンで止まったのは距離なのか久々だったのかわかりません」

7着 クイーングラス(丸田恭介騎手)
「密集した馬群の中は初めての経験でしたから、進み方がにぶくて、動き切れませんでした」

8着 オハナ(石橋脩騎手)
「今日はフレッシュさがありました。スタートを上手に出て向正面で少し流れたのが残念でした。あそこでジッとしていたかったです。ここ2戦と違って最後まで頑張っていました。少し前進があったと思います」

11着 ロサグラウカ(石川裕紀人騎手)
「とびあがるようなスタートで、遅れてしまいました。ペースが流れて前が止まるかと思いましたが、最後は脚色が同じになりました。スタートが悔やまれます」

14着 レッドベルローズ(三浦皇成騎手)
「外枠がきつかったです。距離ロスなく行きたかったです。内でうまく立ち回れたら良かったのですが。しかし、体が増えて良くなっています」