【新潟記念】美浦レポート~メートルダール [News]
2018/08/29(水) 16:00
9月2日(日)に新潟競馬場で行われる新潟記念(GIII)に出走予定のメートルダール(牡5歳、美浦・戸田厩舎)について、斎藤調教助手のコメントは以下の通り。

(まずは前走を振り返って下さい)
「大阪杯はGIで、メンバーも揃っているということもあり、現状でのこの馬の力はある程度出せたのかなと思います」

(5ヶ月の休養の間の様子を教えてください)
「8月の頭くらいに美浦に戻ってきて、暑い時期でしたが馬も元気で順調に調整を進められました。馬体面、精神面で特に大きな変化はないですので、良い意味で変わらないという感じです」

(前走の大阪杯ではマイナス12キロでしたが、馬体重はいかがでしょう?)
「休養をはさんだということもあり、体重は戻ってきました」

(ウッドチップコースで行われた最終追い切りの狙いと手応えについて)
「先週同様に併せ馬で行いました。先週に続いて今週もウッドチップコースは時計がかかる重たい馬場でしたが、しっかりと負荷をかけて調教できました。十分に調教を積んでいますし、今日の反応も良かったので、初戦から仕上がっていると思います」

(新潟2000メートルという舞台)
「長く良い脚を使う馬なので、左回りでこの距離というのは合っているのかなと思います」

(ハンデ戦ではこれまで4戦3勝、3着1回ということですが)
「成績はたまたまだと思いますが、今回の57キロも無難なところなのかなと思います」

(馬場状態についてはいかがでしょう?)
「終い勝負の馬なので、なるべく良い馬場で走らせてあげたいですね」

(ファンへ一言お願いします)
「秋へ向けて良いレースができればと思っています。頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」


(取材:小屋敷彰吾)