【北九州記念】栗東レポート~ラブカンプー [News]
2018/08/15(水) 13:29
8月19日(日)に小倉競馬場で行われる第53回北九州記念(GIII)に登録しているラブカンプー(牝3、栗東・森田直行厩舎)について、追い切り後の森田直行調教師のコメントは以下の通り。

(前走のアイビスサマーダッシュ2着を振り返って)
「デムーロ騎手が返し馬から引っ掛かる馬を上手く導いてくれました。レースでもスタートを決めて、最後までよく追ってくれました」

(前走後の調整について)
「この馬も(同じ厩舎の)ダイメイプリンセスと同様、やや疲れがありましたので、1週間運動と治療に専念して、馬の疲労を取ることに努めました。1週間で疲れは取れました」

(最終追い切りを振り返って)
「ダイメイプリンセスと併せました。終い重点で一杯にやってほしいと指示しました。ダイメイプリンセスの方がよく動いたので、少し見劣りはするかもしれませんが、ラブカンプーなりの好調を持続しています」

(今回のレースに向けて)
「小倉で勝っていますし、この馬は1200mの方が合うのではないかと思います。
 前走で一回叩いて、筋肉の張りが出てきましたし、疲れもなさそうです。
 だんだんトモが大きくなって、見栄えのする馬体になってきました。
 いつも大人しい馬ですから、精神的にはずっとリラックスしています。
 スタートは速いですし、最初から飛ばして行っても最後までスピードを持続しています。その点が強みではないかと思います。
 (斤量51キロは)軽いに越したことはないですし、あとは和田騎手の減量が大変だなとは思います。
 いつもスタートを決めて先行していますので、出たなりで行ってくれればと思います。
 ラブカンプーもダイメイプリンセス同様、いつも一生懸命走ってくれますので、皆さん応援よろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)