【関屋記念】(新潟)~プリモシーンが人気に応えて差し切る [News]
2018/08/12(日) 18:20
新潟11Rの関屋記念(3歳以上GIII・芝1600m)は1番人気プリモシーン(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分31秒6(良)。クビ差の2着に5番人気ワントゥワン、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気エイシンティンクルが入った。

プリモシーンは美浦・木村哲也厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母モシーン(母の父Fastnet Rock)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 プリモシーン(北村宏司騎手)
「スタートを上手く出て、流れに乗ってリズム良く行きました。直線追い出しをもう少し待てば良かったかなという気もしましたが、少し苦しくなっても最後までよく頑張ってくれました」

2着 ワントゥワン(M・デムーロ騎手)
「もう少しペースが流れてほしかったです。他の馬がバテてしまって、我慢したかったのに行くしかありませんでした。苦しくなりながらも頑張りました」

3着 エイシンティンクル(和田竜二騎手)
「自分の競馬を作って強い競馬をしています。最後もしぶとく頑張っています」

4着 ヤングマンパワー(大野拓弥騎手)
「新潟との相性も良いですし、今日は良い感じでした。今日のレースが今後につながると良いです」

5着 ロードクエスト(三浦皇成騎手)
「良い位置につけられましたし、自分のタイミングで追い出せました。ただ、前をかわせず、後ろにかわされるあたり、乗り方の工夫などが必要だと思います」

6着 リライアブルエース(戸崎圭太騎手)
「スタート良く、勝ち馬を見ながら追走しましたが、追い出したら反応がよくありませんでした。差のないところまでは来ているのですが」

7着 チェッキーノ(杉原誠人騎手)
「スタートを伸び上がるように出て、後ろの位置になりました。最後は頑張って伸びてきましたし、馬体が絞れた分、反応が良くなりました」