【エルムS】(札幌)~ハイランドピークが勝利し、人馬ともに重賞初制覇 [News]
2018/08/12(日) 17:45
札幌11Rのエルムステークス(3歳以上GIII・ダート1700m)は2番人気ハイランドピーク(横山和生騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分42秒0(重)。1馬身1/4差の2着に3番人気ドリームキラリ、さらに2馬身差の3着に1番人気ミツバが入った。

ハイランドピークは美浦・土田稔厩舎の4歳牡馬で、父トーセンブライト、母ハイランドダンス(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は14戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ハイランドピーク(横山和生騎手)
「スタートを決めて自分と馬のリズムを崩さずレースを進めました。今日は馬に勝たせてもらった感じです。いい時に乗せてもらいました。ゲートなど課題が多い中で結果を出してくれました。将来が楽しみです。自分の初重賞勝ちは時間がかかりましたが、これからも馬に感謝しつつ頑張りたいと思います」

2着 ドリームキラリ(藤岡佑介騎手)
「上手く先手を取れてイメージ通りのレースが出来ました。最後は勝ち馬にねじ伏せられた形ですが、差し返す脚も使いましたし、今、充実している感じです」

3着 ミツバ(松山弘平騎手)
「札幌のコースは大丈夫だったのですが、今日は枠順が悪かったです。内の枠がこたえました。今日は枠順が全てでした」

4着 ロンドンタウン(蛯名正義騎手)
「少しずつ状態が良くなっています。函館からの輸送で絞れるかと思っていましたが、まだ体に余裕がありました。今後に向けてキッカケが掴める内容のレースでした」