【宮崎特別】(小倉10R)~ドミナートゥスが抜群の安定感で連勝 [News]
2018/08/11(土) 15:50
小倉10Rの宮崎特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は1番人気ドミナートゥス(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒1(良)。半馬身差の2着に6番人気レッドカイザー、さらに1馬身差の3着に4番人気ロードアクシスが入った。

ドミナートゥスは栗東・宮本博厩舎の3歳牡馬で、父ルーラーシップ、母デグラーティア(母の父フジキセキ)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ドミナートゥス(北村友一騎手)
「ゲートをスムーズに出られたのが大きいですね。楽に流れに乗れました。力のある馬で、力通り最後もしっかり脚を使ってくれました。着差以上に強かったと思います」

2着 レッドカイザー(松山弘平騎手)
「小倉の馬場は合いますし、ロスなく運べて良い形で競馬ができました。最後も伸びているのですが、相手が悪かったです」

3着 ロードアクシス(酒井学騎手)
「行きたがるところはありますが、今日は道中リラックスして走れていました。早めにエンジンをかけるイメージで、残り600mからは良い手応えで来てくれました。勝負どころは前走の経験が生きたようです」

4着 ヴェルテアシャフト(B.アヴドゥラ騎手)
「少し距離が長いのかもしれません。トップギアに入るまでに少し時間がかかります。1800mで少しペースが速くなって、中団から差す競馬が良いのではないでしょうか」