【関屋記念】栗東レポート~エイシンティンクル [News]
2018/08/08(水) 13:39
☆12日(日曜日)新潟競馬場で行われる第53回関屋記念(GIII)に出走を予定しているエイシンティンクル(牝5、坂口則)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎エイシンティンクルについて、坂口正則調教師

・今迄は中距離路線でしたが距離をちょっと詰めてみて、あのような(差す)競馬が出来たのは収穫でした。

・その後中間は順調に問題なくきています。疲れもありません。(追い切りに関しては)先週今週とそこそこやりまして万全だと思います。

・今週の追い切りに関しては先週が速すぎましたので控えめにやって上がりだけを重点にやりました。

・(今回の舞台)新潟は直線が長いので、そこを克服してくれればいい競馬ができると思います。(距離に関しては)1600メートルが一番いいと思っています。(暑い日が続きますが)牝馬ですし体調は悪くありません。調子は良さそうです。(連勝中ですが)距離を短縮したことが良かったのかも知れません。(以前に比べると)使った事による使い減りをしなくなりました。

・今迄は前に行く一辺倒の馬でしたが距離を詰めて番手から運べるようになりました。それによって最後の脚を生かせる競馬ができるようになりました。新潟の長い直線は逃げ残るのは大変ですから番手で競馬をして、そこから差すような競馬をしてもらいたいですね。前走のような競馬が理想的です。そうなればいい競馬ができると思います。

〔取材:檜川彰人〕