【UHB賞】(札幌)~軽ハンデのクリーンファンキーが混戦を制する [News]
2018/08/05(日) 17:01
札幌11RのUHB賞(3歳以上オープン・芝1200m)は4番人気クリーンファンキー(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3(良)。3/4馬身差の2着に2番人気ライトフェアリー、さらにアタマ差の3着には10番人気アルマエルナトが入った。

クリーンファンキーは美浦・鈴木伸尋厩舎の5歳牝馬で、父タイキシャトル、母マヤノメメント(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は20戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 クリーンファンキー(横山武史騎手)
「軽いハンデもあり、道中はスムーズなレースでした。直線で一旦手綱を引っ張るシーンがあったのは反省点ですが、馬の力で突き抜けることができました」

(鈴木伸尋調教師)
「流れも、軽い斤量も、洋芝も、この馬にすべてが向きました。洋芝だと切れる脚を使ってくれます。次はキーンランドカップを目標にします」

3着 アルマエルナト(丹内祐次騎手)
「良い位置で折り合ってレースができました。最後も良い伸びで、よく頑張ってくれました」

4着 デアレガーロ(J.モレイラ騎手)
「ゲートが良くありませんでしたが、ある程度前へ行かせて、前に馬を置いてのレースができました。直線も良い脚で伸びています」