【驀進特別】(新潟)~アイビスSDから連闘のレッドラウダが圧勝 [News]
2018/08/05(日) 16:36
新潟10Rの驀進特別(3歳以上1000万下・芝1000m)は1番人気レッドラウダ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは55秒8(良)。3/4馬身差の2着(同着)に8番人気シルヴァーコード、2番人気アーヒラが入った。

レッドラウダは栗東・音無秀孝厩舎の5歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ヘヴンリーソング(母の父Machiavellian)。通算成績は27戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 レッドラウダ(C.ルメール騎手)
「道中、馬の後ろで楽に走れました。ラスト300mから良い反応で、よく伸びました。最後は走るのを止めてしまうほどの圧勝でした」

2着(同着) アーヒラ(杉原誠人騎手)
「最後狭くなりながらもよく頑張ってくれました。スムーズであれば、もっと際どい競馬ができたと思います。ただ、いつも真面目に走ってくれる良い馬です」

4着 グランシェリー(酒井学騎手)
「溜めるようなことはせず、行かせる競馬をしました。追ってからの反応は良かったのですが、残り僅かの所で内から押されてしまいました。直線競馬が得意なだけに、そこが勿体なかったです」

6着 トロピカルガーデン(嘉藤貴行騎手)
「直線1000mは適性がありそうですね。行くところがなくなってしまった部分があったので、スムーズならもっと際どかったと思います」