【大倉山特別】(札幌)~12番人気のセイカエドミザカが競り勝つ [News]
2018/08/05(日) 16:15
札幌10Rの大倉山特別(3歳以上1000万下・ダート1700m)は12番人気セイカエドミザカ(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒5(良)。クビ差の2着に5番人気エピックアン、さらにクビ差の3着には3番人気ベラポーサが入った。

セイカエドミザカは美浦・相沢郁厩舎の5歳牡馬で、父タニノギムレット、母セイカカロブ(母の父Sadler's Wells)。通算成績は32戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 セイカエドミザカ(柴山雄一騎手)
「前へ行ってほしいと指示があり、外からすんなり先行することができました。最後はびっくりするくらいの頑張りでした。北海道が合っている馬ですから、状態も良かったのでしょう」

2着 エピックアン(藤岡康太騎手)
「レース前にズルいところのある馬だと聞いていましたが、馬体を併せる良い形のレースができました。ゴール前、一旦前に出たのですが残念です」

3着 ベラポーサ(J.モレイラ騎手)
「良いスタートで良い位置でレースができました。最後は差し返す脚をみせましたが、相手が一枚上でした。内枠ならもっと楽に位置が取れて、結果は違ったと思います」

4着 タガノジーニアス(古川吉洋騎手)
「この馬としては早めに動いて行って、最後まで良い脚を使いました。もう一押しでした」