2018年度の上半期JPNサラブレッドランキングが発表 [News]
2018/08/02(木) 15:16
2日、「2018年度 上半期JPNサラブレッドランキング」が発表された。これは今年1月1日から7月31日までの暫定レーティングとなる。

3歳トップは東京優駿(日本ダービー)を勝ったワグネリアンで119ポンド、第2位は皐月賞を勝ったエポカドーロで118ポンド。牝馬では、桜花賞と優駿牝馬(オークス)を勝ったアーモンドアイが115ポンド、チューリップ賞を勝ち桜花賞2着のラッキーライラックと優駿牝馬2着のリリーノーブルが111ポンドとなっている。

なお、アーモンドアイの115ポンドは、レーティングが採用された1997年以降の桜花賞の過去最高値で、優駿牝馬でもトップタイ(2012年のジェンティルドンナと2017年のソウルスターリングも115ポンド)のレーティングとなる。

3歳ダートでは、ジャパンダートダービーを勝ったルヴァンスレーヴが112ポンドでトップとなっている。

4歳以上のトップは大阪杯を勝ったスワーヴリチャードで121ポンド、第2位は宝塚記念を勝ったミッキーロケットで120ポンド。大阪杯2着のペルシアンナイトと宝塚記念2着の香港調教馬ワーザー(香港ゴールドカップ2着も対象)の2頭が119ポンドで続いている。牝馬のトップは安田記念2着のアエロリットとドバイターフ2着のヴィブロスで113ポンド。

4歳以上のダートでは、帝王賞を勝ったゴールドドリームが117ポンドでトップ、川崎記念を勝ち帝王賞2着のケイティブレイブとフェブラリーSを勝ったノンコノユメの2頭が116ポンドで2位タイとなっている。

(JRA発表)