【メイクデビュー】(小倉5R、6R)~コチョウジュニア、アーデントリーが勝利 [News]
2018/07/29(日) 14:33
小倉5Rのメイクデビュー小倉(九州産馬限定、芝1200m)は4番人気コチョウジュニア(荻野極騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9(良)。1馬身1/2差2着に1番人気テイエムアイガテ、さらに1馬身3/4差で3着に2番人気テイエムウンマカが入った。

コチョウジュニアは美浦・本間忍厩舎の2歳牡馬で、父ブラックホーク、母コチョウサン(母の父クロフネ)。

~レース後のコメント~
1着 コチョウジュニア(荻野極騎手)
「調教から乗って、背中も良く、いい走りをすると感じていました。競馬でもいいポジションからスムースに運べました。ラストも遊ぶことなく駆け抜けてくれました。いい内容のレースでした」

2着 テイエムアイガテ(川又騎手)
「道中はいい競馬でしたが、外に膨れるところが最後ありました。それがなければもっと際どいレースになったと思います。馬はちゃんと走っています」

4着 テイエムヨカンゲナ(松山騎手)
「まだ幼さがあります。ただ、使って良くなりそうな雰囲気です。終いはしっかりと伸びていました」

5着 コウザンハリマオ(義騎手)
「ゲートは遅かったのですが、行き脚はつきました。まだ緩いところがあるので、使って良くなりそうです」


小倉6Rのメイクデビュー小倉(芝1200m)は7番人気アーデントリー(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒4(良)。ハナ差2着に5番人気ビーチハピネス、さらに1/2馬身差で3着に1番人気ファストアズエバーが入った。

アーデントリーは栗東・川村禎彦厩舎の2歳牡馬で、父エイシンフラッシュ、母パリュール(母の父リンカーン)。

~レース後のコメント~
1着 アーデントリー(和田騎手)
「余裕がありましたし、ペースも遅すぎました。カリカリするところはありますが、思ったよりも上手に走っています。調教で動いていたので、競馬でも走るだろうと思っていました。上積みもあると思います」

2着 ビーチハピネス(水口騎手)
「調教でいい動きを見せていたので、初戦向きだと思いました。物見もしませんし、逃げようかなと思っていました。最後は差し返すくらい根性がありました。もう少しでした。センスがあるので、競馬を覚えて、小倉開催中に何とかしたいです」

4着 ベストクィーン(松若騎手)
「ゲートの出が良くありませんでした。調教通りに終いはしっかり動けていたのは良かったです。流れに乗れれば良かったです」

5着 パドカトル(松山騎手)
「ゲートをあまりうまく出られませんでした。いい馬なので、使って変わってくると思います」

7着 カレンソナーレ(川又騎手)
「他の馬を嫌がって外へ逃げていました。スピードがあるので、展開一つだと思います」