【2歳未勝利】(中京1R)~アールロッソが逃げ切り勝ち [News]
2018/07/21(土) 13:46
中京1Rの2歳未勝利(ダート1200m)は2番人気アールロッソ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒6(良)。半馬身差の2着に1番人気デターミネーション、さらに8馬身差の3着に3番人気トーセンアミが入った。

アールロッソは栗東・松下武士厩舎の2歳牝馬で、父サウスヴィグラス、母ラヴィングサンデー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 アールロッソ(松山弘平騎手)
「初戦から能力の高さは感じていたので、今日もしっかり走ってくれると思っていました。間隔が空いた分ゲートの出は悪かったのですが、能力の高さでその点もカバーしてくれました。強い競馬をしてくれました」

3着 トーセンアミ(福永祐一騎手)
「ダート自体は良かったですね。もう少し距離があったほうが良いかもしれません」

4着 ニードルズアイ(松若風馬騎手)
「跳び上がるようなスタートでした。できればもうひとつ前のポジションで運びたかったです。前走のダート1400mの方がレースがしやすかったように思います。馬は使われてもテンションが上がるようなところもありませんでした」

5着 アルマオプティ(森裕太朗騎手)
「ダートは悪くないです。ただ初のダートでしたから、コーナーで砂を被った時に下がってしまいましたが、直線に向いたらまた勢いに乗ってきました。もしかしたらもう少し長いほうが良いかもしれません。ダート慣れしてくればもっと走りそうです」