【立待岬特別】(函館)~プレトリアが後方から脚を伸ばして快勝 [News]
2018/07/08(日) 15:41
函館10Rの立待岬特別(3歳以上500万下、芝1200m)は8番人気プレトリア(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒0(稍重)。アタマ差2着に7番人気ポップシンガー、さらに1/2馬身差で3着に11番人気デルマキセキが入った。

プレトリアは美浦・中川公成厩舎の3歳セン馬で、父ヨハネスブルグ、母ダイワエタニティー(母の父ジャングルポケット)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 プレトリア(大野騎手)
「以前と比べて我慢が利くようになっています。追走が楽です。手応え通りに伸びてくれました」

2着 ポップシンガー(勝浦騎手)
「今日はハナに行こうと思っていました。前走はぶつけられてしまって力を出せませんでした。極端なレースをしてどうなるかなと思っていましたが、厳しい競馬を我慢してくれました」

4着 ワイナルダム(松岡騎手)
「もうワンテンポ早く前が空いて欲しかったです。こういう馬場は得意ですし、休み明けとしては走っているのですが...」