9月26日(木)「SJTは第1ステージを終えて川原正一騎手がトップ」ほか [全国競馬情報]
2013/09/26(木) 19:58
●●SJT第1ステージ(船橋)の結果●●
・JRA阪神競馬場で11月30日(土)と12月1日(日)に行われるワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)の地方競馬代表騎手決定戦、2つの競馬場での4競走によるポイント制で総合優勝を争う「スーパージョッキーズトライアル(SJT)2013」の第1ステージが、25日(水)に船橋競馬場で行われた。
 SJTの第1戦「シルバーサドル賞」は高知の赤岡修次騎手、第2戦「シルバーブライドル賞」は大井の御神本訓史騎手がそれぞれ1着となり、2戦トータルでの順位は兵庫の川原正一騎手が25ポイントでトップに立った。
 SJTの第2ステージには、大井の真島大輔騎手と船橋の森泰斗騎手の2人を除く上位12名が進出することとなった。第2ステージは10月17日(木)に園田競馬場で行われ、第3戦「シルバーブーツ賞」と最終の第4戦「シルバーホイップ賞」の2つのレースでWSJSの地方競馬代表騎手が決定する。
 
(NAR発表のリリースによる)
 
 
●●北海道の山中静冶調教師が通算500勝達成●●
・26日(木)に行われた門別競馬場の第7レースでリフレインブルーが1着となり、管理する山中静冶調教師は、5142回目の出走で通算400勝(ホッカイドウ競馬では現役15人目 )を達成した。
 
★山中静冶調教師のプロフィール
・生年月日:昭和25年5月13日
・免許取得:昭和62年1月1日
・初出走:昭和62年4月21日 函館 第1レース レデイタカラ(2着)
・初勝利:昭和62年4月23日 函館 第9レース ヤマノスワン
 
(ホッカイドウ競馬発表のリリースによる)
 
 
●●各地の主な2歳戦の勝ち馬●●
<25日(水)>
●門別(天候:曇 馬場:不良)
★サマーバード賞(第10競走・2歳オープン・ダート1200m・8頭立て)
 トチノタイヨー・牝・勝ちタイム1分12秒7・父プリサイスエンド
●笠松(天候:晴 馬場:良)
★新馬戦(6)2歳7(第1競走・2歳・ダート800m・8頭立て)
 マルヨナガラチャン・牝・勝ちタイム48秒3・父オンファイア
<26日(木)>
●笠松(天候:晴 馬場:良)
★JRA認定チャレンジ(2)2歳1(第5競走・2歳・ダート1400m・10頭立て)
 カツゲキサクラ・牝・勝ちタイム1分30秒4・父フサイチコンコルド
 
 
●●JRA交流競走の勝ち馬●●
<25日(水)>
●船橋(天候:曇 馬場:重)
★ファビィサドル特別(第9競走・3歳以上・ダート1800m・13頭立て)
 ハナノシンノスケ・牡6歳・JRA栗東:藤岡範士厩舎・父チーフベアハート
●笠松(天候:晴 馬場:良)
★コスモス特別(第10競走・3歳以上・ダート1800m・10頭立て)
 クラウンシュバルツ・牡3歳・JRA栗東:大根田裕之厩舎・父カリズマティック
 
(担当:小林雅巳)