【豊明S】(中京11R)~エイシンティンクルが控える形から直線で脚を伸ばし勝利 [News]
2018/07/07(土) 17:05
中京11Rの豊明ステークス(3歳以上1600万下・芝1400m)は4番人気エイシンティンクル(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒8(重)。半馬身差の2着に1番人気レインボーフラッグ、さらに半馬身差の3着に7番人気ヴェネトが入った。

エイシンティンクルは栗東・坂口正則厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト、母キャタリナ(母の父Storm Cat)。通算成績は13戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 エイシンティンクル(和田竜二騎手)
「そんなに気にはなりませんでしたが、思ったより(リズムに)乗ってこないところがありました。勝負どころで早めに動いたことで最後は止まりかけましたが踏ん張ってくれました。時計も速かったです。まだ物見している感じはありますが、馬自体は良くなっています。ポテンシャルが高いので、今後も面白いと思います。1400mから1600mぐらいが良いでしょう」

2着 レインボーフラッグ(M.デムーロ騎手)
「併せ馬ではなく1頭になっていたのでフワッとしていました。勝ち馬が来てからは耳を絞って頑張ってくれましたが残念でした」

3着 ヴェネト(福永祐一騎手)
「もったいない競馬でした。3コーナーでのポジション争いでポジションが悪くなってしまいました。それでも良く来てくれました」

4着 ドーヴァー(浜中俊騎手)
「行き過ぎると良くないと聞いていたので、出たなりで脚をためられました。道中は良い感じで、勝ち馬を見ながらレースをしました。よく走っています」

5着 エスティタート(秋山真一郎騎手)
「スムーズすぎたのでしょうか。あのポジションを取りたかったわけではないのですが、スタートが良くて良い位置につけられました。流れに乗ってしまっている分、ガソリンをどんどん消費してしまっている感じです。スムーズに行くと、軌道に乗りませんね......」