【茶臼山高原特別】(中京9R)~メルヴィンカズマが外から脚を伸ばし勝利 [News]
2018/07/07(土) 15:11
中京9Rの茶臼山高原特別(3歳以上500万下・芝2000m)は3番人気メルヴィンカズマ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒7(重)。半馬身差の2着に1番人気アシュリン、さらに3/4馬身差の3着に2番人気ミスディレクションが入った。

メルヴィンカズマは栗東・西浦勝一厩舎の4歳牡馬で、父ヴィクトワールピサ、母ブランピュール(母の父アンバーシヤダイ)。通算成績は17戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 メルヴィンカズマ(M.デムーロ騎手)
「直線では他の馬が外へ行ってだいぶ外になってしまい心配しました。また元に戻ってからは強かったです」

3着 ミスディレクション(太宰啓介騎手)
「のめるところはありましたが、それはみんな一緒ですからね。自分の競馬はできているので、もう少し粘れるかなと思いましたが......」

4着 ドラゴンマジック(高倉稜騎手)
「ペースが遅かったです。最初の追い出しで置いていかれる所がありますからね......」

5着 アンフィニスター(酒井学騎手)
「思いのほか馬がスッと行ってくれました。この馬場も苦にするところがありません」

6着 マナローラ(松山弘平騎手)
「手応えが良くて来そうだなと思いましたが、最後はジリっぽくなってしまいました。こういう競馬は合うので道中の追走は楽でしたが、最後は離される形になりました」