【メイクデビュー】(中京5、6R)~アヴァンティスト、タガノカルラが勝利 [News]
2018/07/07(土) 14:44
中京5Rのメイクデビュー中京(芝1400m)は4番人気アヴァンティスト(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒6(重)。1馬身1/4差の2着に5番人気パープルヌーン、さらに2馬身差の3着に2番人気アスカリが入った。

アヴァンティストは栗東・西浦勝一厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ゴンチャローワ(母の父Gone West)。

~レース後のコメント~
1着 アヴァンティスト(幸英明騎手)
「終いはしっかりしていました。調教では気を抜くようなところがありましたが、実戦に行ってよかったです。競馬のセンスもあって次も楽しみです」

2着 パープルヌーン(松山弘平騎手)
「いい馬です。ただ今日は道中、馬場に脚をとられました。その分、ペースを上げていけませんでした。それでも終いは良い脚を使っています」

3着 アスカリ(松田大作騎手)
「プレッシャーをかけられる展開でした。でも悲観する内容ではありませんでした。絡まれながら本当によく頑張ってくれました」

4着 ミスビートリックス(福永祐一騎手)
「ゲートをうまく出てくれませんでしたが、終いは良い伸びを見せてくれました。次は楽しみですね」

5着 ロイヤルヨット(松若風馬騎手)
「いい位置で流れに乗ってのレースでした。直線はグンと反応してくれましたが、外の馬の気配を感じると力むような面を見せました。今回は初めてのレースですからね。慣れてくれば走ります」


中京6Rのメイクデビュー中京(ダート1400m)は10番人気タガノカルラ(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒7(重)。3/4馬身差の2着に4番人気ニードルズアイ、さらにクビ差の3着に1番人気デターミネーションが入った。

タガノカルラは栗東・本田優厩舎の2歳牡馬で、父ワークフォース、母タガノガルーダ(母の父ネオユニヴァース)。

~レース後のコメント~
1着 タガノカルラ(太宰啓介騎手)
「全体的に緩さはありますが、ゲートを上手に出て大外を回ってもしっかり伸びてくれました」

2着 ニードルズアイ(松若風馬騎手)
「乗りやすくて操縦性も高く、真面目に走ってくれました」

4着 マイネルエイブ(和田竜二騎手)
「相手のペースとなりこの馬には厳しいペースとなりましたが、最後まで頑張ってくれました」

8着 クレッセントムーン(M.デムーロ騎手)
「全然競馬をわかっていませんでした。次は変わります」