【七夕賞】美浦レポート~マイネルミラノ [News]
2018/07/04(水) 14:11
7月8日(日)福島競馬場で行われる七夕賞に出走を予定しているマイネルミラノ(牡8歳、美浦・相沢郁厩舎)について、相沢郁調教師のコメントは以下の通り。

(前走、エプソムカップ11着を振り返って)
「東京コースですし、58キロを背負ってハナに行けなかったことに加えて、馬場も悪くて厳しい競馬になりました」

(中3週、中間の様子を教えてください)
「一回使ったことで馬が締まりましたし、気合も入ってきたので、具合としては今回の方が良いと思います。前走久々を使った反動も全然ありません」

(今朝の追い切りの狙いと手応え)
「先週びっしりやって、今週は調整程度で行いました」

(ハンデについて)
「ハンデが58キロでは厳しかったですが、57キロであれば、自分の競馬ができると思います」

(戦法について、前に行ったほうがこの馬の良さがでるのでしょうか?)
「ハナに行けるのであればハナに行って押し切る競馬がベストですね」

(初めてコンビを組む田辺騎手とは話をしている?)
「この間会ったときに、レースが楽しみだという話をしました。かつてヴェルデグリーンで重賞を勝ったように、田辺騎手とは相性が良いと感じています」

(福島芝2000mという舞台は?)
「福島で勝っていますし、東京のような広いコースより小回りのコースのほうが合っていそうなので、チャンスはあると思います」

(週末雨の予報ですが・・・)
「馬場がぐちゃぐちゃになるくらい雨が降ってしまうと良くないかもしれませんが、そうなると他の馬にとっても良くないと思うので、そこまで気にしていません」

(最後に意気込みをお願いします)
「今回はハンデが57キロになったので、良い競馬を楽しみにしています」

(取材:小屋敷彰吾)