【七夕賞】美浦レポート~マイネルフロスト [News]
2018/07/04(水) 14:10
7月8日(日)福島競馬場で行われる七夕賞に出走を予定しているマイネルフロスト(牡7歳、美浦・高木登厩舎)について、高木登調教師のコメントは以下の通り。

(前走エプソムカップを振り返ってください)
「9ヶ月ぶりの割には状態は良かったです。着順は悪かったのですが、果敢に先行して終いまでしっかりハミをくわえて走っていたので、次に繋がるレースかなと思っていました」

(中3週、中間の様子は?)
「久々のレースでも特に反動などの心配もなく、順調に調教を積んでいます」

(7歳ではありますが、馬体面や精神面での変化はありますか?)
「若い頃は気難しい面を見せていましたが、ブリンカーをつけるようになってからはそういったところは出さなくなり、安定していると思います」

(最終追い切りの狙いと手応えについて)
「単走の方が気持ちよく走る馬なので、単走で行いました。当該週ということで、サラッと速くなりすぎないことを重点に行いました」

(仕上がり具合はいかがでしょうか?)
「前回の良い状態をキープしているかなという感じです」

(このレースは昨年2着でしたが、改めて条件はいかがですか?)
「福島コースは得意にしていると思います。ただ、極端に悪くなると良くないので、週末の天気が気になります」

(前走は2番手からの競馬でしたが、戦法については?)
「福島競馬場ということもあるので、今回も先行したほうが良いかなと思います」

(トップハンデ57キロとなりますが)
「背負い慣れた斤量ですので、何も心配していません」

(では、最後にファンに向けて一言)
「休み明けに一度使ってさらに良くなっていると思います。良い競馬ができるよう頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)