【CBC賞】(中京)~アレスバローズが中団から差し切る [News]
2018/07/01(日) 17:52
中京11RのCBC賞(3歳以上GIII・ハンデ・芝1200m)は4番人気アレスバローズ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒0(良)。1馬身1/4差の2着に9番人気ナガラフラワー、さらに半馬身差の3着に8番人気セカンドテーブルが入った。

アレスバローズは栗東・角田晃一厩舎の6歳牡馬で、父ディープインパクト、母タイセイエトワール(母の父トニービン)。通算成績は26戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 アレスバローズ(川田将雅騎手)
「レース前に聞いていた感じより良い雰囲気で状態が良いのが分かりました。リズム良くゲートを出て良い位置で流れに乗りました。直線ではしっかり反応してくれました。今後も安定して今日のようなレースができれば楽しみです」

2着 ナガラフラワー(高倉稜騎手)
「ゲートを出た時に隣の馬とぶつかって、その後は気にしながら走っていました。そんな中でよく頑張ってくれました。最後の決め手も見せてくれましたし、能力のある馬です」

3着 セカンドテーブル(水口優也騎手)
「自分の競馬をしようと考えていましたし、そういうレースをしてくれました。最後までしっかり伸びてくれました。差し馬に有利な馬場になっていましたが、早めに先頭に立ってよく粘りました。左回りは合っています」

4着 アサクサゲンキ(武豊騎手)
「ゲートを出てからがのんびりした感じでした。それは悪いことではなく、ためた分最後に伸びてくれました。18番ゲートから古馬を相手によく頑張ったと思います」

5着 レーヴムーン(荻野極騎手)
「今日はゲートの課題も克服できて、良い走りをしてくれました。この条件でも能力は通用すると思います」

6着 トーキングドラム(松若風馬騎手)
「枠が良かったですし、良い所にはまってくれました。もうひと踏ん張りできそうでしたが、やめてしまっているような所がありました」

11着 ダイメイフジ(M・デムーロ騎手)
「この馬には忙しいレースでした。それに前の馬が止まりませんでした」

15着 ペイシャフェリシタ(三浦皇成騎手)
「欲しいポジションは取ることができましたが、外枠でしたからポジションを取るまでに脚を使った分、リズムが取りづらくなってしまいました。人気になっていたのに結果を出せず申し訳ありません」