【メイクデビュー】(函館5R、6R)~トーセンオパール、ラブミーリッキーがデビューV [News]
2018/06/23(土) 18:04
函館5Rのメイクデビュー函館(牝馬・芝1200m)は6番人気トーセンオパール(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒3(良)。2馬身差の2着に5番人気キタイ、さらに1馬身差の3着に1番人気ドゥシャンパーニュが入った。

トーセンオパールは美浦・小笠倫弘厩舎の2歳牝馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母トーセンルクリア(母の父ダンスインザダーク)。

~レース後のコメント~
1着 トーセンオパール(勝浦正樹騎手)
「調教で乗った時に乗り味が良く、スピードもありそうでしたから期待していました。レースでは上手に走ってくれて、追ってからも良く反応してくれました。まだ力がつききっていない状態でこれだけ走るのですから、これからまだパワーアップすると思います」

3着 ドゥシャンパーニュ(北村友一騎手)
「小柄ですが落ち着いていて乗りやすい馬です。追ってから反応してくれましたが、もう少し体力がついて体に幅が出てくれればなお良いと思います」


函館6Rのメイクデビュー函館(ダート1000m)は1番人気ラブミーリッキー(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分01秒0(良)。2馬身半差の2着に2番人気スマートスリロス、さらに3馬身半差の3着に3番人気エルピドが入った。

ラブミーリッキーは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牝馬で、父サウスヴィグラス、母ベラドンナジュリア(母の父ゼンノロブロイ)。

~レース後のコメント~
1着 ラブミーリッキー(松岡正海騎手)
「予定通り負けられない気持ちでした。攻め馬を見ても上積みのある状態で勝てたのも収穫です。スラッとした体型で、距離はもう少し延びても大丈夫ですし、やわらかみがあるので芝でもやれそうです」

2着 スマートスリロス(北村友一騎手)
「最後はスピードを見せてくれましたが、右にもたれながら走っていました」

3着 エルピド(勝浦正樹騎手)
「2番手につけていましたが、いきなりブレーキをかけて下がってしまいました。それでも3着には来るんですからね。気持ちの問題でしょうか。これからです」